採用情報(先輩社員より)

原田わかな 武田和也
平成27年4月入社
サポート担当
原田 わかな
平成27年4月入社
営業担当
武田 和也

カブトに入社を決めた理由を教えてください

原田先輩回答一番の理由は環境です。
私の場合、良くも悪くも周りに影響されやすいところがあります。ポジティブな人が多く、言いたいことが言えて、自由に仕事が出来る環境が、自分の力をより発揮できる環境だと考えていました。面接を受ける中で、社員、役員の隔たりが少なく、自分に合った環境だと思ったので、入社を決めました。

 

武田先輩回答就活していた複数社の中で、自分が一番成長できる環境だと感じたからです。選考の段階から、「今やっていること」「これからやろうとしていること」「最終的に目指していること」を丁寧に教えてくれ、かつそれに対する情熱がかなり伝わってきました。働いている自分の姿を一番イメージできた会社だったということも、入社を決めた理由です。

 

現在どのような仕事をしていますか?

原田先輩回答

原田先輩回答お客様それぞれに合ったシステム運用をするためのサポートを行っています。相手のことを知り、状況や希望をお伺いして、システムで出来ることをご提案します。お客様と相談しながら進める仕事がほとんどなので、お電話で話をする機会が多いです。ニーズを理解・把握するのは難しく、先輩やお客様に助けて頂きながらお仕事をさせて頂いています。

 

原田先輩回答

武田先輩回答全国の保険代理店を対象に、システムの営業活動を行っています。お客様のところに訪問してご説明をすることが多いですが、遠方のお客様には電話とオンラインのツールを利用してご説明をすることもあります。最近では、上場企業の保険代理店部門またはグループ会社をメインに担当しています。また、社内における営業戦略策定などにも携わっています。

 

仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか?

原田先輩回答一から任せてもらえる時です。
どんな仕事にも責任はありますが、自分一人で始めから終わりまで担当しなければならない仕事を任せられた時は、いつもより良い責任感を持って仕事に取り組めると思っています。自分の頭で考え、コントロールできると、とてもやりがいを感じます。結果的に周りから良い評価をいただけると、やった甲斐があったと思えて、とてもうれしいです。

 

武田先輩回答営業活動当初は、自分が担当したお客様からご契約を頂く度にやりがいを感じていました。最近では、WiseOffice2ユーザーとなったお客様から「システムを活用することで業務改善につながった」というお声を頂いた時、より大きなやりがいを感じています。せっかくご契約頂いたので少しでも役立て頂けたら...と考えているので、とてもうれしい気持ちになりますね。

 

会社の雰囲気はどうですか?

原田先輩回答自由な雰囲気が強いと感じます。仕事なので厳しいところはもちろんありますが、それぞれ自己主張し、各自のペースを尊重していると感じます。
人数が少なく距離が近い分、思いやりをもって耳を傾け、向き合います。穏やかで優しく、まじめな人が多いですが、言う時ははっきり言う。そんな雰囲気だと思います。

 

武田先輩回答「風通しの良い」を通り越して、「家族」のような会社であると思います。お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんが沢山いるイメージですね。
もちろん仕事に対しては厳しい場面もありますが、みんな基本的に温かく接してくれています。一人で色々と抱え込んでしまった時も、皆さんが心配してフォローしてくださるので、とても感謝しています。

 

オフの日はどのように過ごしていますか?

原田先輩回答好きなことをする、たくさん笑う、自分一人の時間を持つ、これらを大切に過ごしています。そのため、人に会う時間と、身の回りのことを整えリラックスする時間、どちらも確保するようにしています。料理をして作り置きをたくさん準備したり、図書館に行ったり、撮りためたドラマを見たり。旅行にも行きます。オフの日を充実させることで、仕事にも気持ちよく向かえるので、積極的に動くようにしています。

 

武田先輩回答車とドライブが好きなので、よくレンタカーを借りて小旅行や温泉場に出かけています。運転しているだけでも楽しいですが、車内での友人達と会話をしたり、一緒に音楽を聴いて盛り上がったりしている時間が、実はかなりのお気に入りです。
また、自宅でテレビ番組や映画を観てのんびりしている時もあります。お笑いは結構好きですね。ちなみに最近ハマっている芸人は「カミナリ」です。

 

就職活動している学生へのメッセージ

原田先輩回答とにかくイメージしてみてください。また、この機会にとことん今までの自分と向き合ってみてください。ただそれは、一人でやるのではなく、いろいろな人と協力してみてください。
自分は何がしたいのか。何が好きで嫌いで、どんなことに興味があり、向いているのは何か。どんなふうに生活し、休日はどう過ごしたいか。挙げだしたらきりがありませんが、具体的にイメージすることで、軸をもって就職活動に臨めると思います。
就職活動に限らず、「自分」を認識できる良い機会です。自信を持って「らしさ」を出していきましょう!

 

武田先輩回答まずは、「どんな大人になりたいか」「そのためにはどうすればよいか」というような目標と計画を持ってください。これらを持っている人と持っていない人とでは、過ごす時間の質がかなり変わります。社会人になってからこの重要性を痛感させられているので、就職活動の段階から実践できていれば、きっと社会でも活躍できると思います。
また、就職活動は自分の知見を広げる絶好の機会です。様々な会社の説明会に足を運んだり、先輩社員の話を聞く場に積極的に参加したりすることをオススメします。

 

ぶっちゃけたところ、どのように感じていますか?

原田先輩回答学生と社会人の時間感覚は異なるため、長い視点で先のことを考える必要があると感じています。
入社直後はひたすら積み重ねる日々で、辛いと思ったこともありましたが、きちんと先を見据え、そのために今何をしているのか、自分の中に落とし込むことが大事だと考えるようになりました。3年後、5年後のことを考えていればよかった学生時代とは違い、頭では分かっていたつもりでも、入社後最も悩んだ部分です。

 

武田先輩回答自分が想像していた以上に、社会人は大変だと感じることがあります。特に自分の認識の甘さに反省させられることがとても多いです。しかし、その大変さを一つ一つ乗り越えていくことで、自分の成長を実感できていることも確かです。
今は色々と学んでいる一方ですが、後輩になる皆さんがどんどん入ってきたら、自分が経験したことを積極的に教えられるような人になりたいと考えながら頑張っています。